奥さんは中国人 食(東京)

奥さんは中国人


ブログを終了致します。ありがとうございました。

プロフィール

逸美 洋

Author:逸美 洋
日々の生活における備忘録として使っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

【 68 】 東京(港区) BAR WATERPOT

東京68①

東京68②

東京68③

東京(港区) BAR WATERPOT

http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13102941/


六本木交差点近くにある『BAR WATERPOT』。

スタンドバーのような店内ですが、さすがに六本木だけあって
狭いながらも洗練された雰囲気で、“大人”が喜びそうな感じ。

勿論、バーだけあって夜がメインでしょうが、ランチタイムには
“一日45食限定”という、アイリッシュポークカレーを食べさせて
くれます。

ガッツリ食べたい人向けのボリュームはありませんが、


今日の昼は、軽く済ませておくか。


・・・という人にはピッタリかも。


ルーはマイルドで、柔らかく煮込んだ“ポーク”が乗っています。

それにフライドオニオンをトッピングして提供されますが、これが
アイリッシュ・スタイルのカレーなのでしょうか。

聞くところによると,ギネスビールを入れて煮込んであるとか。


やっぱりカレーは辛くなきゃダメ!! 
 ヒ~ハ~言いながら、
 食べ終わってから汗をかくくらいじゃないと!!



・・・という人には物足りないと思いますが、


シャレた大人のカレーを食べてみたい!!


・・・という人には、お勧めです。

六本木見物の際に、是非足を運んでみてください。 (^0^)/



住所】東京都港区六本木7-14-10 誠志堂ビル1F
電話】 03-5410-3300
営業】 19:00~04:00
予算】 @1,000円/人程度 <ランチ> 
 
※ 2011年5月23日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年03月26日 (土)00時05分

【 67 】 東京(東京駅) ジェイアール東海パッセンジャーズ

東京67①

東京67②

東京67③

東京(東京駅) ジェイアール東海パッセンジャーズ ★★☆☆☆

http://www.jr-cp.co.jp/


この日は午後一番で静岡の客先を訪ねました。

午前中、都内でバタバタしてしまいましたので、ランチは東海道新幹線
の中で駅弁を頬張ることに。

昼前に静岡に到着し、出先の営業マンとゆっくりランチを頂く予定でした
が、外回りをしていると予定通りにならないことが多くて。。。


久し振りの駅弁でしたので、思わず写真を一枚。

お腹の空き具合に併せ、『日本の味博覧』という健康志向の駅弁を選び
ました。

1個=1,000円ですが、季節によって中身が多少違うようです。

たまには車窓から景色を眺めながら駅弁を頂くのも良いものです。

ちょっとした“旅行気分”を味わうことが出来ます。 (^0^)/□



【 駅弁アルバム 】 
http://rail20000.jpn.org/ekiben/ekiben3a.html

※ 2011年5月11日(水)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月25日 (金)00時15分

【 66 】 東京(中央区) 中国湖南料理 雪園

東京66①

東京66②

東京(中央区) 中国湖南料理 雪園 京橋店 ★★★☆☆

http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13002264/


中国の八大料理のひとつである“湖南料理”。

湖南省の郷土料理ということで、北京、上海、四川、広東に比べ日本では
馴染みが薄い感がありますが、実に味わい深い料理です。

四川料理をしのいで中国で一番辛い料理といわれ、海に面していない土地
柄もあって、肉や魚を塩漬けにしたり手間がかかった料理が多いのが特徴
です。


この日にお邪魔したのは京橋にある湖南料理専門店『雪園』。

中華料理が食べたいという客先のリクエストにお応えして利用させて頂き
ましたが、“湖南唐辛子を豪快に使ったカエルの香り炒め”が登場し


えっ!? カエル!?」 


・・・と、お客さんが目を白黒。

  
ボクも御客さんにウケるかどうか、不安を感じましたが、


「まず、食べてみてください!!美味しいもんですよ。」 (^0^);


・・・と、勧めると


おやっ!? 美味いね~、これ!!
 生まれて初めてカエルを口にしたけど、
 これ本当にカエル!?



話のタネにと選んだ店ですが、ツカミはOK!!だったようで。。。

他に“竹筒入り山鳩の蒸しスープ”など変わったメニューも出て来て、

結構喜んでくれました。


たまには変わった料理も良いものですよ~!! (^0^)/



※ この日は接待につき、料理の写真は撮れませんでしたが、店で提供
  されている数々のメニューはHPでご確認下さい。

  “湖南料理専門”といっても、他の中華料理同様、我々日本人向けの
  味付けにアレンジしてありますので食べ易いです。


住所】 東京都中央区京橋3-6-3
電話】 03-3535-5931
営業】 (昼)11:30~15:00 (夜)17:30~22:00
予算】 @10,000~15,000円/人程度 

※ 2011年4月25日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月24日 (木)03時49分

【 65 】 東京(港区) 新ばし 鮎正 

東京65①

東京65②

東京65③

東京(新橋) 新ばし鮎正 ★★★★★

http://ayumasa.main.jp/

 
6月の声を聞くと、いよいよ鮎のシーズンとなります。

この日にお邪魔した『新ばし鮎正』は東京で唯一、天然鮎のフルコースを
味わえる店であります。

その天然鮎は島根県高津川産で、実家の旅館から直送されているそうです。


鮎といえば“塩焼き”程度の馴染みしかありませんでしたが、ここの鮎料理
は正に絶品!!

とにかく美味いのであります。

定番の塩焼きは勿論のこと、椀物、背ごし、煮びたし、昆布じめ・・・
どれをとっても至高の味ですが、特に、まったりとした味わいが舌に残る
“苦うるか”と茄子をうるか(=内臓)だけで煮込んだ“うるか茄子”は
美味の極みであります。

おそらく、数々の“食通”を唸らせているに違いありません。


そして最後に出て来る鮎の炊き込みご飯。

思わず女将さんに


「こんなに美味しい炊き込みご飯、
 生まれて初めて食べました!!」 (>0<)/


・・・と握手を求めてしまったほどです。


シーズンが到来すると予約はなかなか取れませんが、是非一度は伺って
みたい店です。 (^0^)



※ この日は、鮎のシーズンではなかったため“あんこう鍋”のコース
  を頂きましたが、それはそれで文句無しの美味しさでありました。

  接待でお邪魔したので写真が撮れず残念でしたが、雰囲気だけでも
  お伝えしたく記事に致しました。

  料理の内容はHPからどうぞ。


住所】東京都港区新橋4-21-14
電話】 03-3431-7448
営業】 17:00~22:00
予算】 @20,000~25,000円/人程度 

※ 2011年4月5日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月23日 (水)03時44分

【 64 】 東京(新宿区) 新宿磯善

東京64①

東京64②

東京64③

東京(新宿区) 新宿磯善 ★★☆☆☆

http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13010838/


この日は4月1日の年度初めでしたが、早速お客さんと一杯飲ることに。

場所は新宿にある『磯善』という和食の居酒屋。

お客さんの行き付けの店だということです。

メニューにある“今日のおすすめ”を見ると「マンボウの湯引き」とあります。

珍しいので注文してみると


うへ~!! 
 逸美さん、マンボウって食えるの?



「ええ、マンボウ自体、そんなに味は無いんですけど珍味ですよ。
 足が早いせいもあって、あまりマーケットには並びませんけど。」 (^0^)


へ~、そう言えば、スーパーで見掛けたことないよね。


「福島の“いわき”に住んでいた頃に食べていたんですよ。
 と言っても、タイミングが良ければ・・・っていう感じですけど。」 (^_^)


タイミング?


「漁師もマンボウを狙って漁に出るんじゃないんですよ。
 なんでも、マンボウは泳ぐんじゃなしに、
 プカプカ浮いて漂っているんですって。
 たまたま、その浮いているが仕掛けた網に
 掛かった時だけ食べられる感じで。
 ほとんど港で捌いて、その場で食べちゃうらしいですけど。」 (^0^)


へ~。。。そうなんだ。


「そうだ!! 話のタネにもう一人前注文しますか?」 (^0^)?


要らない、要らない!! 
 この歳になると新しい話のネタは、もういいよ。
 


※ 残念ながら、現在は閉店しているようです。


マンボウ
http://www.zukan-bouz.com/fygu/sonota/manbou.html

住所】 東京都新宿区歌舞伎町1-29-2 ミラノ座B1
電話】 03-3200-2386
営業】 17:00~23:30
予算】 @4,000円~5,000円/人程度 
 
※ 2011年4月1日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月22日 (火)03時45分

【 63 】 東京(新宿区) 魚沼厨房 十日

東京63①

東京63②

東京63③

東京63④

東京63⑤

東京(新宿区) 魚沼厨房 十日 ★★★☆☆

http://tojitsu.net/


ちょうど待ち合わせ時間となったので集合場所の『十日』という店へ
向かうことに。

『十日』と書いて“とじつ”と読むそうで、店主が新潟出身という云われ
だそうです。

そういえば新潟県には“十日町”がありました。

すると、既に元同僚が集まっていて一杯飲っているところでした。


「なんだ、もう来てたんですか?」 (^0^);

みんなで一緒に会社から出て来たんだけど、
 蒸し暑いから先に飲ってた。


逸美さんも生ビールでいい?

「いや、ボクも早めに来て、向かいの居酒屋で
 ホッピー飲んでたから、もう焼酎にしてもらおうかな?」 (^-^)

ウチらの業界は飲む時は早いからな~。。。

「アハハ。。。確かに。
 同業者と飲む時は一応“18時から”なんて時間を決めるけど、
 17時過ぎには集まって飲んでますもんね。」 (^0^);

今更、逸美さんに“何でオレらの会社を辞めたの?”
 って聞かないけどさ、今の会社はどうなの? うまく行ってんの?


居心地とかはどうなんだ?

「居心地ですか~・・・良いわけないですよ。
 どんな会社でも、プロパーはプロパーだし。。。
 まぁ、何事に対しても後悔しても仕方ないけれど、
 “人生、成るようにしか成らない” ・・・っていう感じですかね。」 f(^_^);

でも、よく行ったよな~。。。今の会社にさ。

残ったオレたちも大変だったよ!!・・・って、未だに大変だけど。

「転職してから、変なプライドは捨てるべきだって達観した。
 一緒に仕事をしてても、今までみたいな真面な社員が
 極めて少ないんだよね・・・上を見ても、下を見ても。
 期待しちゃいけない人たちの集合体っていうか、
 期待してもダメなものはダメだから、
 最近は“生活費を稼ぐため”って割り切っちゃって。
 そう考えたら、気楽になったっていうか・・・
 黙々と目の前にある仕事をこなすだけの毎日で。」 (^o^);

それじゃ、寂しくないか~!?って言っても、
 オレたちの世代になると贅沢も言ってられないか。。。
 “仕事は会社のためじゃなく、自分のためにすべきだ!”
 なんて言うけど、それが通じるのは若い内だけかもな。


「まぁ、今の会社に移っても営業をやってますけど、
 “純粋な営業”は出来ていると思いますよ。
 元請じゃないので矢面に立つことは無いから、
 今までみたいに地検に追われることもなく、
 ヤクザに囲まれることもなく、
 立退き交渉や住民対策の必要も無いし。。。」 (^_^)

そうでもしないと仕事が取れなかったからな~。。。

考えてみれば、“仕事を頂く”って大変なことだよね。
 仕事は自然に湧き出て来るもんだと勘違いしてる連中も
 未だに社内にはたくさん居るからね。


「ハッキリ言えることは、
 “バラ色の転職は有り得ない”っていうことかな。
 隣の芝生は青く見えるもんだけど、
 実際には、それほど青いもんじゃないよ。」 (^_^);



住所】 東京都新宿区高田馬場2-18-6 柳屋ビル B1F
電話】 03-3232-1330
営業】 18:00~23:30
予算】 @6,000~7,000円/人程度
 
※ 2011年3月28日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年03月21日 (月)00時09分

【 62 】 東京(新宿区) 居酒屋 ぽん吉

東京62①

東京62②

東京62③

東京62④

東京(新宿区) 居酒屋 ぽん吉 ★★☆☆☆

http://blogs.yahoo.co.jp/katuhaji/29157871.html


この日は前職の同僚と近況報告会を兼ねた飲み会でした。

待ち合わせ時間の18時までに、まだ小一時間ほどあります。

時間まで喫茶店でコーヒーでも・・・と思っていたところ、『ぽん吉』と
いう哀愁漂う居酒屋が目に飛び込んで来ました。

店先の貼紙を見ると“ホッピーセット600円・3品付き”とあります。

実に泣かせる価格設定であります。

カウンターの中でオヤジさんが一人で切り盛りしています。


「今日は知人と待ち合わせなもので、
 ホッピー1杯だけで申し訳ない。
 次に来る時はジックリ頂きますから。」 (^_^);


いや~、いいんですよ。


「そう言えば、地震の時は大丈夫でした?」 (^-^)?


ええ、お蔭様で大したことなかったんです。
 あの時はアパートに居たんですけど、
 “そろそろ店に出ようか?”って仕度してたところで。。。
 あの揺れですからね~、こんな店だからメチャクチャに
 なってんだろうって思って、慌てて駆け付けたんですよ。



そんな話をしているところへ常連客と思しき高齢者が現れました。


今日のツマミは何?


小松菜をちょっと炒めたものと、
 いつもの焼き鳥と・・・それと~。。。



小松菜~!? オレは要らねえよ!!
 放射能がたっぷり着いているんだろう? 
 怖くって食べられねえよ。



何言ってんの!! 
 仮に着いてたって、症状が現れんのは20~30年後だよ。
 そん時は、お互いこの世に居ないんだから安心して食べな。



うんにゃ~!! オレは要らね~!!


風評被害とは、こういう場面から起きるのかも知れません。 (>_<);




住所】 東京都新宿区高田馬場2丁目付近
     (詳細不明:西武新宿線「高田馬場駅」早稲田口ガード下)
電話】 不明
営業】 不明(17時過ぎには開いていました)
予算】 @1,000~2,000円/人程度 

※ 2011年3月28日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年03月20日 (日)01時08分

【 61 】 東京(大田区) ラーメン 虎鉄

東京61①

東京61②

東京61③

東京(大田区) ラーメン 虎鉄 ★☆☆☆☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13057047/


東日本大震災から10日が経ち、再び蒲田へやって来ました。

当日はJRが一晩中運休したため蒲田に泊まり、翌日の午前中に帰宅
した記憶が脳裏を過ぎります。

普段なら1時間ちょっと電車に揺られれば帰れるのに、その日ばかりは
乗車率300%で3時間立ちっ放し・・・這う這うの体で帰宅しました。

(勿論、被災者の方々のご苦労に思えば、何てことはないのですが)


さて、昼時を迎え、蒲田駅周辺をウロウロしていると目に飛び込んで
来たのは『虎鉄』というラーメン屋。

店の概観はイマイチでしたが、こういう店ほど唸らせるラーメンを提供
してくれるのではなかろうかと思い、寄ってみることに。

  
『混んでたら、別の店にすればいいんだし・・・』 (-0-)


そう思って店のドアを開けてみると、昼時にも拘らず先客は一人だけ。


『ウソっ!?』 (@O@);


とりあえず、スタンダードなラーメンを注文してみましたが、ハッキリ
言って、美味しくないのであります。

麺が太いのですが茹で切っていないというか、粉っぽいというか。。。

それにトッピングに乗っているキャベツは如何なものかと・・・

味は人それぞれの好みがあるわけですから、それを評価するなんて
実におこがましいことですが、接客する店主の誠実さに救われた
ような気がします。 (^_^);



住所】 東京都大田区西蒲田7-1-5 宮本ビル1F
電話】 03-3733-0595
営業】 11:30~01:00
予算】 ~@1,000円/人程度 

※ 2011年3月22日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月05日 (土)00時30分

【 60 】 東京(千代田区) キッチンカロリー

東京60①

東京60②

東京60③

東京60④

東京(千代田区) キッチンカロリー ★★☆☆☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13011632/


たまに学生時代を思い出し、JR御茶ノ水駅で途中下車してランチを
食べることがあります。

この日は聖橋口の改札を出て右に曲がればスグの場所にある
『キッチン・カロリー』へ寄ってみることに。

一人がやっと通れそうな急な階段を上ると、店の入り口に食券の自動
販売機があり、そこでメニューを選ぶわけですが久し振りに入ったため
名物の“カロリー焼き”しか思い浮かばず券を手に取った瞬間、


「しまった!! 

 ハンバーグか白身魚のフライを合わせるべきだった!!」 (@O@);


もう後の祭りで、そのまま頂くことに。。。


それにしても日本一狭い店舗ではなかろうか?・・・と思わせるほど狭い
のであります。

一応3人掛けのイスが両サイドに並んでいますが、実際には2人がやっと
という感じで、隣に脂ぎったオヤジでも座ろうものなら、お互いに不快感
を覚えざるを得ません。

また、後ろに大柄な人が座れば背中もくっ付いてしまうほどで食事を済ま
せた帰り際に入店して来る客が階段を上って来たら譲り合いしなければ
帰るに帰れない・・・そんな感じです。 (^_^);

  
テーブルの前に貼ってあるチラシを見るとどうやら創業1954年らしく、
60年以上に亘って学生のお腹を満たして来たことに敬意を表したい
・・・そんな気持ちです。 (^O^)/ (それにしても狭い!!)



住所】 東京都千代田区神田駿河台2-4
電話】 03-3294-3550
営業】 11:00~
予算】 ~@1,000円/人程度 

※ 2011年3月8日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月04日 (金)07時12分

【 59 】 東京(台東区) 酒膳 一文別館

東京59①

東京59②

東京59③

東京59④

東京59⑤

東京(台東区) 酒膳 一文別館 ★★★☆☆

http://www.asakusa-ichimon.com/


この日は“ねぎま鍋”の名店『一文別館』で会食。

我が家でもたまに献立にする料理ですが、その起源は余り物の鮪のトロを
鍋にした、江戸時代の庶民の知恵にあるそうで。。。

  
案内されたのは2階にある炉端風の掘りごたつの部屋。

和風の雰囲気タップリの個室です。

せっかくなのでコースを頂くことにしましたが、メインの“ねぎま鍋”は
1200円プラスして「本鮪の上ねぎま鍋」を注文することに。

早速マグロを入れて食べ始めようとしたところにハプニング!!

店主がやって来て、


大変申し訳ございますん。
 ご注文を間違えましてキハダを用意してしまいました。
 すぐに本マグロに取り替えさせて頂きますので・・・



「えっ!? そうなの!?
 ・・・それじゃ、これはこれでいいですよ。
 食べ比べてみますから、本マグロは“追加”で
 持って来てくださいよ!!」 (^0^)


えっ!? よろしいんですか!?
 そうですか・・・それでしたら是非、食べ比べしてみてください。
 違いがハッキリ分かると思いますから。



しばらくして本マグロが運ばれて来ましたが、食べ比べてみると店主の
言う通り、旨味も口当たりもキハダと本マグロでは全く違います!!

やっぱり、本マグロは絶品であります。

機会がありましたら、“食の江戸情緒”を是非味わってください!! (^0^)/▽



【 ねぎま鍋 】 
http://oisiso.com/html/recipe/negima.html

住所】 東京都台東区浅草3-32-2
電話】 03-3871-1015
営業】 18:00~22:30
予算】 @7,000~8,000円/人程度
 
※ 2011年2月10日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月03日 (木)00時04分

【 58 】 東京(千代田区) 三浦のハンバーグ

東京58①

東京58②

東京58③

東京58④

東京(千代田区) 三浦のハンバーグ・御茶ノ水店 ★★☆☆☆

http://r.gnavi.co.jp/g754708/


この日はクリスマスイブ。

何処もかしこもクリスマスムード一色でした。

徳島出張からの帰り、夕方のお客さんまで時間がありましたので、母校
明治大学の生協を覗いてみることに。

冬場のラグビー観戦に必携のニット帽を買って来ました。

午後2時を回ってしまいましたが、まだ昼食を食べておらず、お客さんと
の会食にガツガツ食べるわけにもいきませんので、軽くランチを食べて
おくことに。

神保町まで下って『天丼いもや』とも考えましたが、出張帰りで足取りも
重かったため、JRお茶ノ水駅周辺で済ませることにしました。

そこで誘われるように飛び込んだのが『三浦のハンバーグ』。

昼時も過ぎ、中に居る先客は20歳前後の若者ふたり。

静まり返った店内に二人のひそひそ話が聞こえて来ます。。。


ねぇ、ライスの“お代わり”自由だったよね?

うん。

どうすればいいんだろう? 
 自分でヨソって来るのかな?


オレも“お代わり”したいんだけど・・・どうしよう?

聞いてみてよ。

ヤダよ・・・お前が聞いてくれよ。

え~。。。オレが聞くの?


そんなやり取りを耳にした女性店員が、


ライスのお代わりですか?

あっ!? はい。

さっきと同じ量でいいですか?

あっ!? はい。

そちらのお客さんは?

あっ!? ボクも同じで・・・


その瞬間、ホッとしたのか彼らに笑顔が戻りました。


『お前ら、男だろう!?
 飯が食いたいんなら、
 “お代わり”ぐらい堂々と注文しろよ!!
 情けない奴らだな~!!』 (>0<)/


・・・と思いつつ、彼らを見ると皿に山盛りに盛られたご飯を
パク付いています。

今では普通盛りでも持て余し気味の自分も、
昔は彼らのような時代があったはずですが、


『あの子たち、いくら食えば満足するのかな~?
 でも、子供を育てるって大変なことだよな~。。。』 (-0-)


・・・と、つくづく感じ入る次第で。。。 f(^_^);


 
住所】 東京都千代田区神田駿河台2-6-15 2F
電話】 03-3219-8989
営業】 11:00~22:30
予算】 ~@1,000円/人程度 

※ 2010年12月24日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月02日 (水)14時10分

【 57 】 東京(新宿区) 国立競技場

東京57②

東京57③

東京57④

東京(新宿区) 国立競技場 ★★★☆☆

http://www.jpnsport.go.jp/kokuritu/


ラグビー関東大学対抗戦「明治大VS早稲田大」を観戦して来ました。

これまで6戦全勝の吉田義人監督率いる明大と5勝1敗の早大の優勝を
賭けた大事な大事な一戦。

慶応大の結果も気になるところですが、明治が勝てば文句無しの全勝優勝、
早稲田が勝てば得失点差で優勝の可能性が高い、実質的な優勝戦でした。

北島御大の『前へ』が超満員に膨れ上がった国立競技場内に木霊しましたが、
善戦虚しく宿敵早稲田に4トライを許し、15-31で惜敗。。。

この借りは“第47回・大学選手権”で返すしかない!! (>0<)/


 

【 明治大学ラグビー部 】 
http://www.meijirugby.jp/

住所】東京都新宿区霞ヶ丘町10 
電話】 03-3403-1151 
時間】 14:00~15:30
予算】 @1,000~2,000円/人程度 

※ 2010年12月5日(日)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年03月01日 (火)06時07分

【 56 】 東京(港区) 京料理 あと村

東京56①

東京56②

東京56③

東京(港区) 京料理 あと村 ★★★☆☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002147/


接待で利用させて頂いている内幸町の『あと村』から
“この12月22日で店仕舞いをする”旨の葉書を頂きました。

月初めにはお得意さんとの会食で利用させてもらおうと思い、
予約を入れたばかりだったので、ちょっとショックでした。

それなりのお店なので頻繁には顔を出せませんでしたが、
いざ、店仕舞いとなると寂しいものです。

落ち着いた雰囲気で上品な京料理を頂けていましたので
ボクとしては大好きな店でした。


この日、早速、気心の知れたお客さんを誘ってランチを食べに
行きました。


「寂しくなりますね。。。ファンでしたから。」 (ToT)

馴染みのお客様には大変申し訳ないんですけど、
 いったん京都の本店へ戻ることになりまして。


「そうですか~。。。
 そうそう、今度の週末は宜しくお願いしますね。」 (^_^)

はい、広めのお座敷をご用意させて頂いてますから。
 お料理は“クエ”を召し上がって頂こうと思いまして。


「へ~、それは楽しみです!!」 (^0^)


・・・馴染みの店が無くなるということは寂しい限りで。(T_T)

  

【 フラッシュバック 】
http://ymtk31312000.blog105.fc2.com/blog-entry-2647.html

【 幻の魚 長崎産巨大クエ(アラ) 】
http://www.umai-mon.com/user/scripts/p_attribute.php?attribute_id=343

住所】 東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル B2F
電話】 03-3502-2060
営業】 (昼)11:30~14:00 (夜)17:00~22:00
予算】 @4,000~7,000円/人程度 <ランチ>

※ 2010年12月3日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年02月29日 (月)00時04分

【 55 】 東京(新宿区) 新宿中村屋本店

東京55①

東京55②

東京55③

東京55④

東京55⑤

東京(新宿区) 新宿中村屋本店 ★★★☆☆

http://www.nakamuraya.co.jp/honten/f2.html


この日は『新宿中村屋本店』でお客さんとランチを頂くことに。

今から100年以上も前に“クリームパン”を考案した老舗で、中華まん
の元となる“中華饅頭”を販売した店としても知られています。

また、この店の“カリーライス”も有名で、昭和2年からの味を守り続け
ているそうです。



「今日は新宿で待ち合わせしたんで、

 何処で食事しようかと待っている間に考えていたんですよ。」 (^0^);


たまに、ここの“カリーライス”を食べたくなるんだよね。


「ボクも中村屋の“カリーライス”が大好きですよ。」 (^0^)/


そうそう、ビールの無料券あるから一杯飲らない?



・・・そういうことで、ツマミに“カキフライ”と“シュウマイ”、
そして“ニラ饅頭”も注文し、プチ宴会状態に。

気心知れたお客さんとランチに一杯飲るのも良いものです。

勿論、他のお客さんと午後からのアポが無い日にですが。。。f(^_^);



住所】 東京都新宿区新宿3-26-13  
電話】 03-3352-6161 
営業】 11:00~22:00 
予算】 @2,000~3,000円/人程度 <昼>

※ 2010年11月5日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年02月28日 (日)00時21分

【 54 】 東京(大田区) 羽田空港第一ビル ダイヤモンド・プレミアムラウンジ

東京54①

東京54②

東京54③

東京54④

東京54⑤

羽田空港第一ビル ダイヤモンド・プレミアムラウンジ ★★★★☆

http://www.jal.co.jp/dom/lounge/japan/hnd/diamond.html


10月21日に羽田空港国際線ターミナルがオープンし、
初日の来場者数6万人ということでテレビ局を始めとする
マスコミ各社で大きく取り上げられました。

その影に隠れてしまいましたが、その前日羽田空港第一
ターミナルビルでは、JALのダイヤモンドプレミアム
ラウンジがリニューアルオープンしました。

半年近くの工期を経て、ようやく利用することが出来る
ようになりましたが、その初日に運良く訪れる機会に恵まれました。


専用のセキュリティーゾーンで持ち物検査を済ませ、
エスカレーターで3Fに上るとレセプションが待ち受けています。

搭乗券(またはステータスカード)を提示すると
「ダイヤモンドプレミアムラウンジ」へ案内されます。

今までに比べてスペースが広く、待ち時間をゆったり過ごす
ことが出来ます。

一番奥の「プライベート&リラックス」エリアには
電動マッサージチェアが3台あり、無料で身体を癒せます。

以前は1台しか設置されていなかったため、『使用中』が
多かったのですが、今後は利用するチャンスに恵まれそうです。

また、何よりも助かるのは新たに『喫煙室』が設けられたこと。

今までは「ダイヤモンドプレミアムラウンジ」で過ごした後、
タバコを吸うために「エアポートラウンジ」へ移動していましたが、
これからは無駄な移動をしなくて済みます。

その他、トイレも広くキレイになりましたので、飛行機の待ち時間
をより快適に過ごせそうです。 (^0^)/


 

【 羽田空港国際線ターミナル 】 
http://www.haneda-airport.jp/inter/

住所】 羽田空港第一ターミナルビル 3F
電話】 0120-85-8306 
営業】 5:45~20:30
予算】 0円/人程度 

※ 2010年10月20日(水)撮影

カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年01月23日 (土)00時22分

【 53 】 東京(江東区) ステーキハウス加真呂

東京53①

東京53②

東京(江東区) ステーキハウス加真呂 ★★☆☆☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13033055/ 


この日のランチはお客さんに誘われてステーキを頂くことに。

東陽町にある『ステーキハウス加真呂』へ行って来ました。

“町のステーキ屋さん”といった雰囲気の店ですが、カウンター内
には店主と思しき日本人女性が切り盛りし、アフリカ人?と思しき
コックがステーキを焼いております。


取り敢えず「霜降り和牛サーロイン」の定食を注文しましたが、
“下町価格”でとても安いのであります。

(味は値段通りでありましたが。。。)

周辺の会社で働く若者向きの店という感じです。 (^0^);




住所】 東京都江東区東陽4丁目6−14
電話】 03-3645-4129 
営業】(昼)11:30~15:00 (夜)17:30~22:30
予算】 @1,000~3,000円/人程度<ランチ> 

※ 2010年9月14日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年01月22日 (金)00時09分

【 52 】 東京(中央区) 麻雀クラブ 平安

東京52①

東京52②

東京52③

東京52④

東京52⑤

東京(中央区) 麻雀クラブ 平安 ★★☆☆☆

http://mj-king.net/tempos/view/1598


上野で一杯引っ掛けてから、集合場所の雀荘へ向かうことに。

東京駅の八重洲周辺には何軒かの雀荘があります。

それにしても、最近はほとんど麻雀をしなくなりました。

雀荘に遊びに来ているお客さんを見渡しても、9割方は高齢者。

各社の役員クラスか定年間近のサラリーマンといった感じです。


実際にやれば、よくぞここまで奥深いゲームを発明したものだと
中国四千年の歴史に脱帽せざるを得ません。

学生の頃は大学野球で入場を待ちながら、海辺の砂浜で太陽の光を
浴びながら、就職すれば現場の宿舎で飲みながら、
会社帰りに夕飯を食べながら、そして業界の大会に参加しながら・・・
いろいろな場面で麻雀を楽しむ機会があったのですが。。。

ボクらの世代が過渡期だったのかも知れません。



「今度の休みの日に、たまには麻雀でもやらない?」 (^0^)?


えっ!? 麻雀ですか? 

 やだな~、逸美さん。

 そんな不健康なことするより、

 テニスやりましょうよ、テニス!!

 ボクが教えますから。

 気持ち良いっすよ~♪



「へっ!?」 (@○@);


・・・そんな感じです。 f(^_^);



住所】 東京都中央区八重洲1丁目7-10 中坪ビル3F
電話】 03-3275-3609 
営業】 12:00~25:00 
予算】 @500円/時(ゲーム代) 

※ 2010年8月30日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年01月21日 (木)00時13分

【 51 】 東京(台東区) 立飲み たきおか

東京51①

東京51②

東京51③

東京51④

東京(台東区) 立飲み たきおか ★★★☆☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13024952/


この日は夕方からお客さんとの接待麻雀。

集合時間までちょっと時間が空いたもので、
喫茶店でアイスコーヒー・・・という雰囲気でもなく、
軽く立ち飲み屋で一杯ということに。


それにしても流石に上野、朝7時から飲める店が
しっかりあります。

定番の煮込みとホタテのヒモを注文し、ホッピーを
引っ掛けていると隣で飲んでいたオヤジさんが
話し掛けて来ました。

もう定年間近といった年齢でしたが、長年勤めていた
運送会社からリストラされ、再就職のためにパソコン教室へ
通っているとのこと。

ワードは何とか習得したものの、エクセルで大きな壁に
ブチ当たっているそうです。

自分以外の生徒は全て若い世代で、彼らに着いて行くのが
大変だと言っていました。



「ボクもそうですけど、もう頭で理解する年代じゃ

 ないんですよね。

 テキストを読んでもなかなか理解できないし。

 身体に叩き込んで覚えないと、

 なかなか自分のものになりません。

 だから、時間を掛けてでも、身体に覚えさせないと。」 (^0^);


そうなんだよ、お客さん。

 俺もみんなから取り残されないように、

 パソコンを持ち歩いてるんだ。

 電源さえあれば、いつでも何処でも使えるように。

 これから家に帰って予習・復習しないと・・・

 だから、この店は立ち飲みだからいいんだよ、

 飲み過ぎないからね。

 ほんと、この歳になって慌てて勉強してるんだから

 困ったもんだよ。

 若い内に遊び呆けていたから、

 今頃になってツケが回って来てんだ。



早く就職先が見つかりますように・・・と
エールを送るも、明日は我が身であります。 (>_<);

  

住所】 東京都台東区上野6丁目9−14
電話】 03-3833-2777
営業】 7:00~23:00
予算】 @1,000~2,000円/人程度 

※ 2010年8月30日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年01月20日 (水)03時42分

【 50 】 東京(中央区) おうどん 銀座うらら

東京50①

東京50②

東京50③

東京50④

東京50⑤

東京(中央区) おうどん 銀座うらら ★★★☆☆

http://r.gnavi.co.jp/a331610/


女性に人気の店といえば、銀座8丁目に『おうどん銀座うらら』
があります。

“うどんすき”を食べさせてくれる店ですが、銀座という立地にも
かかわらずリーズナブルなお値段で楽しむことが出来ます。

・・・だから、女性に人気なんでしょうが。 (^_^);


JR新橋駅(銀座口)から徒歩3分ほどのホテルコムズ銀座の地下1階。


『ここは以前、三井アーバンホテルだったんだよな~。。。』 (-0-)


・・・と感傷に浸りながら箸を進めると


『あっ!?美味しい~!!』 (@O@)/▽


この日注文したのは“うどんすきコース”2,980円でしたが、
十分に満足する内容でした。


これから本格的な寒い時期を迎えます。

たまには銀座で“うどんすき”でも如何ですか~!! (^0^)


   

住所】 東京都中央区銀座8-6-15 ホテルコムズ銀座B1
電話】 03-6228-5800
営業】 11:30~04:00
予算】 @4,000~5,000円/人程度 

※ 2010年8月27日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年01月19日 (火)03時15分

【 49 】 東京(江東区) かね松

東京49①

東京49②

東京49③

東京(江東区) かね松 ★★★☆☆

http://www.kanematu.com/index.html


この日は東京の下町、門前仲町に唯一残る料亭と言われる
『かね松』でお客さんと会食でした。

深川不動尊の参道の入り口脇(永代通り沿い)にあります。

うなぎ屋さんなのですが肴のメニューも豊富で、一杯飲るには
打って付けの店です。

定年間近のお客さんということもあり、刺身の盛り合わせに
もずく酢、野菜サラダなどあっさり系のツマミで飲むことに。

若い人にはちょっと物足りない気もしますが、60歳ともなれば
これで十分です。

また、お客さんが単身赴任のため、最後は看板メニューの
“うな重”で締めくくることに。


下町情緒タップリのロケーションで頂くお酒も良いものです。 (^0^)



住所】 東京都江東区富岡1-8-13
電話】 03-3642-6170 
営業】 11:00~22:30
予算】 @5,000~6,000円/人程度 

※ 2010年8月24日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2016年01月18日 (月)00時06分

【 48 】 東京(江東区) 深川公園 おでんの屋台

東京48①

東京48②

東京48③

東京48④

東京(江東区) 深川公園 おでんの屋台 ★★☆☆☆

http://retty.me/area/PRE13/ARE10/SUB1003/100000863710/


お客さんとの待ち合わせに早めに到着してしまったため、
時間潰しに深川公園を散策していましたが、
途中で見掛けた屋台で暑さ凌ぎにビールを一杯飲ることに。

サラリーマンしか経験がないため、


『競輪や競馬の予想屋さんとか、

 占い師とか、どうやったら成れるのだろう?』 (-0-)?


・・・と素朴な疑問を感じることがあります。

屋台のおでん屋さんもそのひとつ。

以前、屋台のオヤジさんに聞いた話によると


テキヤの親分が居るんですよ。

 その親分の所に所属してて、

 指図された場所で屋台を出してるんです。

 私は長年、この場所でやってますけど。。。

 売り上げがどうのこうの、ショバ代がどうのこうの

 じゃなくて、自分の場合は親分から生活費を

 貰ってやってるんです。



世の中にはいろいろな商売があるものです。 (^0^)


  
住所】 東京都江東区富岡1丁目14周辺
電話】 無し
営業】 18:00~
予算】 @1,000~2,000円/人程度 

※ 2010年8月24日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2016年01月17日 (日)00時14分

【 47 】 東京(大田区) 八重洲串や

東京47①

東京47②

東京47③

東京(大田区) 八重洲串や ★★★☆☆

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13100907/


営業途中で昼時を逸してしまうことはよくあります。

午前中の打ち合わせが長引いたり、次のお客さんとの
アポに時間的余裕が無く、昼飯も食べずに移動しなければ
ならなかったり・・・

また、その逆で急にお客さんから昼食を誘われることもあるわけで。。。


この日は午後1時過ぎにお客さんと蒲田で待ち合わせしていました。

そのお客さん、ボクと同じ営業職なのですが出会うなり


ねぇ、逸美さん、もうお昼は食べた?


「いえ・・・実はまだなんですよ。 
 移動してて食べそびれちゃって。」 (^o^);


そんなら一緒に食べようよ!! 
 ボクも今日はまだなんだよ。
 何処でもいいから早く食べれそうな所で・・・



・・・と見掛けたのが『八重洲串や』という居酒屋。

どうやらランチタイムにも営業もしているようです。

早速、飛び込んでメニューを見るとワンコインで
食べられるものばかり。

“牛トロ丼500円”に“ランチビール250円”を
注文しましたが、温泉卵に味噌汁・お新香まで付いて
500円とはビックリです!! (@O@);

肝心な味も美味しかったし、絶対にお勧めです。


店側の思惑通り、夜にも足を運ばねば悪い感じがするのですが、
基本的に居酒屋のチェーン店はちょっと苦手なもので。。。

どうもスミマセン。 f(^_^);




※ この店も既に閉店しているとのことです。  


住所】 東京都大田区蒲田5-26-5
電話】 03-5710-3914
営業】 (昼)11:30~14:00 (夜)16:00~23:00
予算】 @500円/人程度 <ランチ> 

※ 2010年8月18日(水)撮影

 にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年11月28日 (土)01時04分

【 46 】 東京(港区) とり八

東京46①

東京46②

東京46③

東京46④

東京46⑤

東京(港区) とり八 ★★☆☆☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13064089/


JR新橋駅にほど近い歓楽街にある焼き鳥屋。

歴史を思わせるビルの2階で営業しているため、
一見の客はまず気が付かないであろう立地。


だから、店に居る客は常連客と、その常連客に
連れられたお客さんのみ・・・といった感じです。


看板メニューの焼き鳥を注文すると、店の中は
もうもうとする煙が充満します。

オバチャン2人で切り盛りしていますが、値段も安いし、
たまにはこんな雰囲気の店も良いかも。 (^0^)/




住所】 東京都港区新橋3丁目21−2 丸文ビル 2F
電話】 03-3431-0879 
営業】 18:00~?
予算】 @3,000~4,000円/人程度

※ 2010年7月23日(金)撮影

 にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年11月27日 (金)03時49分

【 45 】 東京(中央区) 新橋演舞場 かべす

東京45①

東京45②

東京45③

東京(中央区) 新橋演舞場 かべす ★★☆☆☆

http://www.shinbashi-enbujo.co.jp/restaurant/


この日は銀座のママに“ご招待”を頂き、久し振りに歌舞伎見物。

現在、銀座の歌舞伎座が新築中につき、会場は新橋演舞場。

夏の暑い盛りでしたが、夏用の着物を着込んだ御姐様方も
ちらほら。

観客の服装を見ているだけでも、優雅な気持ちになれます。


終始、“生”の迫力に圧倒されましたが、お客さんも
“ベテラン”になると三津五郎には、『大和屋!!』、福助には
成駒屋!!』など、贔屓の役者さんに掛け声を掛けます。

声を掛けるタイミングも実に絶妙で、素人ファンには到底マネ
することは出来ません。

ボクなど、テレビの報道で海老蔵が“成田屋”という屋号である
ことを、最近知ったばかりで。。。 (^0^);

聞くところによると、掛け声を掛ける客は“大向う”と呼ばれ、
その掛け方にもマナーがあるようです。 (^_^)




ちなみに、この日の『昼の部』の演目は以下の通り。

  一、『名月八幡祭

     縮屋新助  : 三津五郎
     芸者美代吉 : 福 助


  二、『六歌仙容彩

    「文屋」(ぶんや)

     文屋康秀  : 富十郎


  三、『祇園祭礼信仰記

    「金閣寺」

     此下東吉実は真柴久吉 : 吉右衛門
     雪姫         : 福 助
     松永大膳       : 團十郎




【 屋号別 人気歌舞伎役者一覧 】
http://rekishihodan.seesaa.net/article/262076533.html

【 大向う 】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%90%91%E3%81%86
  
住所】東京都中央区銀座6-18-2 新橋演舞場
電話】 0120-224-117
営業】 
予算】 @2,000~3,000円程度 <ランチ> 

※ 2010年7月19日(月)撮影

 にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年11月26日 (木)03時48分

【 44 】 東京(中央区) 銀座日航ホテル Century21

東京44①

東京44②

東京(中央区) 銀座日航ホテル Century21 ★★★☆☆

http://ginza-nikko-hotel-tokyo.tokyohoteltour.com/ja/

お客さんを誘って、銀座での会食の帰りに寄ってみました。

会員制クラブだけあって、店内は静かに落ち着いた雰囲気です。

初顔だったので一見の客と判断され、入り口で会員証の提示を
求められました。

JALの“ダイヤモンド”カードを見せると、すぐさま席へ
案内してくれました。

この日はカウンター席に一人客が居るだけ。

どうやら常連客で、友人と待ち合わせをしているようです。



『これで商売が成り立つのかな?』 (@0@)?



・・・と思いましたが、これがホテル側のステータスなのかも
知れません。


『Century21』は銀座日航ホテルの他に
帝国ホテル(東京)とグランドプリンスホテル新高輪にある
ようですが、お酒を頂きながら、内緒話をするには持って来いの
店かも知れません。 (^0^)


※残念ながら、銀座日航ホテルは2014年3月31日に閉館されたようです。


住所】 東京都中央区銀座8-4-21
電話】 03-3289-0676
営業】 18:00~22:30
予算】 @5,000円/人程度 

※ 2010年7月14日(水)撮影

 にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年11月25日 (水)03時44分

【 43 】 東京(千代田区) 都市センターホテル・梅林

東京43①

東京43②

東京43③

東京43④

東京43⑤

東京(千代田区) 都市センターホテル・梅林 ★★★☆☆

http://www.toshicenter.co.jp/restaurant/bairin3.html


この日は同業者の会合で、平河町にある
都市センターホテル『梅林』を利用しました。

落ち着いた雰囲気のお座敷で、大人数で会食する
には持って来いです。

特に日本酒の品揃えが豊富なので、日本酒好きの
お客さんと会食するには便利であります。


業種柄、お客さんを招いた会食や式典で一番
気を遣うのはビールや日本酒などアルコール類の銘柄。



「取り敢えず、ビール!!」 (^0^)/□


・・・といっても、客先の系列でサッポロなのか
キリンなのか、前もって確認しておかなければなりません。

極端な話、三井系のお客さんにキリンを並べたら一大事だし、
その逆で、三菱系のお客さんにサッポロはご法度だし。。。


自分自身、店でビールを注文し


サッポロとキリン、どっちにします? 
 アサヒもありますけど?



・・・なんて選択を迫られたら


「それじゃ、サッポロをお願いします。」 (^o^)


・・・ということになってしまいます。

個人的には、アサヒのスーパードライとか、
サントリーのプレミアム・モルツが好きなんですけど。。。f(^_^);


話は大きく反れましたが、都市センターホテル『梅林』は
良いですよ!!

是非、寄ってみてください!! (^0^)/▽




【 接待で気をつけなければならない会話とビール 】
http://www.9393.co.jp/asakawa/kako_asakawa/2010/10_0928_asakawa.html
 

住所】 東京都千代田区平河町2丁目4番1号 都市センターホテル 1F
電話】 03-3265-8211
営業】(昼)11:00~14:00 (夜)17:00~23:00
予算】 @15,000~16,000円/人程度  

※ 2010年6月22日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年11月24日 (火)03時48分

【 42 】 東京(中央区) 阿波おどり・銀座店

東京42①

東京42②

東京42③

東京42④

東京42⑤

東京(中央区) 阿波おどり・銀座店 ★★★☆☆

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13109895/


もうじき、徳島では「阿波踊り」の時期を迎えます。

昨年(=2009年)、初めて見物しましたが、


『これは、一度は観なきゃダメだ!!』 (@0@);


・・・という、お祭りのひとつです。

特に、女踊りのしなやかさ、艶やかさは感動の一言。



この店では、本場の阿波踊りを毎日2回のショータイムで
垣間見ることが出来ます。

名物は「阿波尾鶏豪快焼き」と「阿呆焼き」。

勿論、徳島県民のソウルフード、「フィッシュカツ」もあります!! (^0^)/



※残念ながら、現在は閉店してしまったようです。


【 フィッシュカツ 】
http://ka-tu.net/

住所】 東京都中央区銀座7-2-17 銀座不二家ビル2F
電話】 03-6218-0253
営業】 (昼)11:30~14:30 (夜)17:00~23:00 
予算】 @4,000~5,000円/人程度 

※ 2010年6月14日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年11月23日 (月)00時42分

【 41 】 東京(港区) 香妃園

東京41①

東京41②

東京(港区) 香妃園 ★★★★☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13001271/


知る人ぞ知る、六本木・中華の名店『香妃園』。

創業40年の老舗の中華料理店です。


どれを注文しても、文句無しの美味しさ。

数あるメニューの中でも、「鶏煮込みそば」は
一番人気で、夏の暑い時期にも注文している
グループがいます。


この日は「冷やし中華」を注文しましたが、
胡麻味噌ダレの風味は絶品です!!


是非、お試しあれ!! (^0^)/




住所】 東京都港区六本木3-8-15 瀬里奈ビレッジ 2F
電話】 03-3405-9011
営業】 (月~土)11:45~04:00 (日祝)17:00~24:00
予算】 @1,500~2,000円/人程度<ランチ>

※ 2010年6月9日(水)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(3)トラックバック (0) | 2015年11月22日 (日)00時29分

【 40 】 東京(港区) 京料理 あと村

東京40①

東京40②

東京40③

東京40④

東京40⑤

東京40⑥

東京(港区) 京料理 あと村 ★★★★☆

http://www.kyoryori-atomura.co.jp/


落ち着いた雰囲気で京料理を楽しめる店です。

夏場の鱧、冬場の河豚など、季節ごとの旬の食材を使ったコースは
京料理だけあって上品かつ絶品です。

仕入れの状況では、クエ(=アラ)も食べられます。

はっきり言って接待向けの店ですが、それなりに訪れる客層も良く、
一度は行っておきたい店のひとつです。

いわゆる、“大人の店”なのであります。 


この日はお客さんと二人でしたので、座敷ではなくカウンターを
利用させて頂きました。

“お任せ”で軽めのコースにしましたが、店の名物である
『トウモロコシのかき揚げ』はしっかりリクエスト。

トウモロコシの甘みを存分に引き出した逸品です。 (^0^)



※ 残念ながら、この年の12月に閉店してしまいました。
 

住所】 東京都港区西新橋1丁目2の9(日比谷セントラルビルB2F)
電話】 03-3502-2060
営業】 (昼)11:30~14:00 (夜)17:00~22:00
予算】 @15,000~25,000円/人程度 <夜>

※ 2010年6月4日(金)撮影 

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年08月01日 (土)00時07分

【 39 】 東京(台東区) さかえ寿司

東京39①

東京39②

東京39③

東京39④

東京39⑤

東京(台東区) さかえ寿司 ★★★★☆

http://r.tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13020913/


JR御徒町駅ガード下にある、知る人ぞ知る名店。

隣の上野駅には東北本線や宇都宮線が乗り入れている
こともあって、都内だけではなく、群馬や栃木からの常連客
も多い店です。

1階は6人掛けのカウンター席と4人掛けのテーブル席が
ひとつで(2階は座敷になっています)、夕方5時の開店と
同時にほぼほぼ満席になってしまいます。

小さな店ですので、お客さんを案内する場合には要予約。

ネタの美味さは勿論のこと、日ごと店主が選りすぐった
全国各地の地酒には納得です!!

いつも“お任せ”で頂いておりますが、刺身・焼き物・酢の物
など、その日のお勧めを順次出してくれますので、
いちいちメニューを見て選ぶ必要がないので助かります。

最後は“握り”と“お椀”を頂き、ご馳走様となります。

店内は完全禁煙で、愛煙家は灰皿を店先に出して一服。

上野見物に来た際には、是非立ち寄ってみて下さい!! (^0^)/



※残念ながら、高架下の改修工事に伴い、移転してしまいました。


住所】 東京都台東区上野5-27-6
電話】 03-3831-0621
営業】 (昼)12:00~13:30 (夜)17:00~21:00
予算】 @10,000~12,000円/人程度 <夜>

※ 2010年5月25日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

 

カテゴリー:食(東京) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年07月31日 (金)10時46分