奥さんは中国人 食(中国)

奥さんは中国人


ブログを終了致します。ありがとうございました。

プロフィール

逸美 洋

Author:逸美 洋
日々の生活における備忘録として使っています。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

ブログ内検索

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | --年--月--日 (--)--時--分

【 25 】 広島(福山市) 沖縄58酒場

中国25①

中国25②

中国25④

中国25⑤

中国25⑥

広島(福山市) 沖縄58酒場 ★★★☆☆

http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340301/34003209/


福山市内で月曜日の朝一番からの打ち合わせが入り、
今回は前日の日曜日に前泊となりました。

時間に余裕を持って福山入りしたものの、休日なので
気の利いた店が有るかどうか・・・

福山城を見物し、福山駅前をブラブラしながら、
適当な店を探しましたがそれらしい店はなかなか
見つからず、どうしたものかと思案していたところ、
店の外まで聞こえる沖縄民謡が!!

見れば、『沖縄58酒場』という居酒屋のようでした。


「たまには泡盛で一杯飲るか!!」 (^0^)/


・・・ということで、飛び込んでみることに。

日曜日、しかも開店間もない時間とあって、
この日の口明けの客はボクということになりました。


まずは海ブドウを肴にオリオン・ビールで喉を潤し、
泡盛(この日は“残波”を注文)のロックをチビチビ
やりながら“ポーク焼き”を注文。

豚肉の焼き物をイメージしていたのですが、
出て来た料理はランチョンミート。


「えっ!? これが“ポーク焼き”!?
 あ~。。。ここは沖縄料理店だよな。
 ポークと言えば、ランチョンミートか!!」 (@0@)


連れ合いが好きなもので、我が家でも缶詰を購入し
普通に食べている料理でありました。


これ、宜しかったらどうぞ♪
 沖縄名物の“ちんすこう”です♪



会計時、若い女性店員から“ちんすこう”を手渡され、
少々ビックリしました
・・・と言っても、彼女の手のぬくもりに驚いたわけで。

最近、若い女の子の手に触れたことがないもので。。。f(^_^);




【 福山城博物館 】
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyamajo/

【 スパム・ランチョンミート 】
http://www.spam-jp.com/

【 ちんすこう 】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%93%E3%81%99%E3%81%93%E3%81%86

住所】 広島県福山市伏見町2-2
電話】 084-926-5592
営業】 17:00~24:00
予算】 @3,000~4,000円/人程度 

※ 2014年6月22日(日)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年06月12日 (金)03時45分

【 24 】 広島(広島市) 元気21 ラーメン

中国24①

中国24②

中国24③

中国24④

中国24⑤

広島(広島市) 元気21 ★☆☆☆☆

http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340102/34012177/


『若松』で一杯引っ掛けた後、締めに何か食べようと
近くにある『元気21』というラーメン屋に入ってみました。

まだ時間が早いのか、この店も“貸切状態”。

メニューに目をやると、


カープが勝った日は生ビール半額です!!


・・・という謳い文句が。


「いいじゃん、こういうの~♪
 こういうサービスがあるから、
 地元のファンも気合が入るんだよね!!
 生ビール1杯=200円なんて、泣かせるね~!!
 あっ!? 泣かせるって言えば、
 激辛ラーメンがあるじゃん!!
 今夜は、これを食べて泣かせてもらうか~!!」 (^0^)/


・・・ということで、激辛ラーメンを注文したのですが、
日頃、連れ合いが作ってくれる料理に慣れてしまったせいか、
単なる“辛口ラーメン”に留まってしまう結果に。。。 (^_^);


その後、寝酒と翌朝の朝食を買いにセブン・イレブンへ。

パンでも買って帰ろうと思ったところ、目にしたのは“お好み焼きパン”。


「お好み焼きのパン(麺増量)だって。
 やっぱり、広島だ~!!
 関東じゃ見掛けたことがない~。。。」 (^0^)/□



※後で販売地域を調べてみると、

 “首都圏(埼玉一部除く)、新潟、中国(一部除く)、四国”とありました。


物珍しさも手伝って、さっそく購入してみることに。


えっ!? 味の方は? (@0@)?

・・・アハハ、“それなり”でした。 f(^_^);




【 お好み焼きパン 】
http://blog.livedoor.jp/kettsu/archives/54569650.html

【 あなたの知ってるパンはいくつある?全国ご当地パン 】
http://matome.naver.jp/odai/2137180468402786401

住所】 広島県広島市南区松原町10-22 第2潮ビル 1F
電話】 082-261-4888
営業】 11:00~01:00
予算】 ~@1,000円/人程度 

※ 2013年12月12日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年06月11日 (木)05時44分

【 23 】 広島(広島市) 若松

中国23①
中国23②

中国23③

中国23④

中国23⑤

広島(広島市) 若松 ★★☆☆☆

http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340102/34007902/


翌日の打ち合わせに備えて広島に前泊。

いつものように、宿泊先のホテル近所をフラッと散策してみました。

今夜は、以前から狙っていた『若松』に飛び込んでみることに。

早めの時間帯でしたので、先客は居ませんでした。



何、召し上がります?

「え~・・・それじゃ、“小ふぐ”の刺身を。」 (-0-)

はい、“小ふぐ”ですね。
 出来るまで時間が掛かりますから
 どれか、好きな小鉢でも選んで下さい。



カウンターの上に並べられていた小鉢は、お通しのようです。

大根の酢の物、鯖の焼き物、ホウレン草の御浸しなど。


「へ~・・・これ、“お通し”ですか?」 (^0^)?

えっ?


女将さんの目がテンになりました。


『あれっ? 何か不味いこと、言ったかな?』 (@_@)?


「いや、このカウンターの上に並んでるの。。。」 (^0^);

あ~、こっちでは“突き出し”言うんです。
 『お歳、幾つですか?』言われたんだと思いましたわ。


「アハハ。。。店に入って来るなり、女性に向かって
 そんな失礼な事、聞きませんよ。」 (^0^);

お客さん、どちらから?

「東京からです。」 (^_^)

あらっ!? 東京から、わざわざ来はったんですか!?

「わざわざっていうか・・・今日は出張で。」 (^_^);

東京じゃ、“お通し”言わはるんですか?
 ねぇ、ちょっと~!! これ“お通し”言うんやて~!!



女将さんが、店を切り盛りするもう一人の女性に伝えました。


へ~!? “お通し”言わはるんですか!?

「ええ。。。 まぁ、そんな大騒ぎする話題じゃないですけど。」 f(^_^);


メニューを見ると、何やら見慣れない品物が。


『デビラ? ・・・何だろう?
 そこに置いてある、干し鰈のことかな?』 (-0-)?


いつものクセで、内容を聞かないまま注文してみることに。


「デビラも下さい。」 (^_^)

はい。デビラは美味しいですよね。

「そこの鰈を干した物ですか?」 (-0-)?

ヒラメですよ。 ほら、顔が左側にあるでしょ?

「あっ!? 本当だ!! 鰈じゃありませんね。」 (^0^);

ウチのは、よく叩いてあるから、
 骨まで全部食べられますよ。


「そりゃ、楽しみですね・・・
 あっ!? そうそう!! 牡蠣のバター焼きもください!!」 (^0^)/

はい。牡蠣バター、追加ね~!!

「広島の牡蠣は美味しいですよね。
 こちらに住んでいる方が羨ましいですよ。」 (^0^)♪

羨ましいって・・・東京にも牡蠣は有りますやろ?

「勿論、売ってますけど・・・やっぱり牡蠣は広島に限りますよ。」 (^0^)

そない喜んでもらえれば嬉しいんですけど、
 ウチら、他で牡蠣を食べたことあらへんから。
 もっとも、他に行ったことあらへんから
 比較のしようがあらしまへん。


「アハハ。。。そうですか。」 f(^_^);


そんな、噛み合うような、噛み合わないような
女将さんとの会話を楽しみながら、広島の酒を飲みました。




【 デビラ 】
http://www.iriko-t.jp/blog/?p=125

住所】 広島県広島市南区松原町10-15
電話】 082-263-3852
営業】 (昼)11:00~14:00 (夜)不明 
予算】 @4,000~5,000円/人程度 

※ 2013年12月12日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年06月10日 (水)05時47分

【 22 】 広島(広島市) 上海

中国22①

中国22②

中国22③

広島(広島市) 上海 ★★★☆☆

http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340102/34007385/


お好み焼き『ゆうゆう』で完全試合?を達成した後、
今夜はダブルヘッダーとばかりに、締めの店を探していました。

ふと、赤い暖簾に誘われて『上海』というラーメン屋へ飛び込んで
みることに。


「良いじゃない、『上海』なんてストレートなネーミング。
 他に疑う余地のない、如何にも中華屋だよね。
 本場の中国人の経営だったりして。。。
 あれっ!? なんで、“おでん”なの!?
 中華そばとギョーザは分かるけど・・・
 広島って、“おでん”が有名だったっけ!?」 (@0@)?


おでんを肴に一杯引っ掛けて、ラーメンで締めれば
この一軒で用が足りてしまう感じの店でしたが、
店員は、間違いなく日本のオバちゃんでした。

この日は流石にラーメンだけにしておきましたが、
実にシンプルそのもの。


「そうそう、このくらいで丁度良いんだよね♪」 (^0^)/□


醤油豚骨のスープをすすり、ストレート麺に舌鼓。


「これが、“広島ラーメン”っていうやつか
 ・・・って、なぜ、ここに仙台四郎が!!」 (@◇@); 


宮城の仙台市内の店なら、何処にでも居る“仙台四郎”が、
なぜ遠く離れた広島に居るのか!?

しかも、中華そばとギョーザと“おでん”の『上海』に!! (@O@);

何となく、謎の多いラーメン屋さんでした。 (^_^);



【 店内の写真 】
http://image1-3.tabelog.k-img.com/restaurant/images/Rvw/19532/19532376.jpg

【 仙台四郎 】
http://www.asakaze.net/sendaishiro/

住所】 広島県広島市南区松原町10-29
電話】 082-264-6815
営業】 11:30~23:00 
予算】 ~@1,000円/人程度 

※ 2013年11月14日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年06月09日 (火)06時02分

【 21 】 広島(広島市) お好み焼き ゆうゆう

中国21①

中国21②

中国21③

中国21④

中国21⑤

中国21⑥

広島(福山市) お好み焼き ゆうゆう ★★★☆☆

http://tabelog.com/hiroshima/A3401/A340102/34000668/


翌日の客先との打ち合わせに備え、広島市内に前泊しました。

夕飯を食べに広島駅周辺を散策していると、お好み焼き屋を発見。


『やっぱり“広島風お好み焼き”は捨て難い!!

 それと、せっかく広島に来てカキを食べないわけにも・・・

 “何処へ出張して来たの?”って言われちゃうよな。』 (^_^);


・・・ということで、両方とも揃っているであろう、

『ゆうゆう』というお好み焼き屋へ飛び込んでみることに。

夕方5時過ぎで、まだ会社帰りの客が押し寄せる前でしたので
一時的に“貸切状態”でありました。

店には、あまり愛想の良さそうでないオバちゃんが一人。

キャベツの大玉を相手に仕込みの作業真っ最中でしたが、

その手を休める感じで


何にします?

「取り敢えず、ビールと・・・何が早いですか?」 (-0-)?

すじ煮込みは早いですよ。

「それじゃ、すじ煮込みと・・・牡蠣を下さい。」 (^_^)

カキバターで良いですか?
 一番、牡蠣の味わいが出ますよ。


「それじゃ、カキバターで。」 (^0^)


そんなやり取りをしながらメニューを眺めていると、
“ホルモン焼き”を発見。


『“お通し”代わりに、すじ煮込みを食べて、
 先発は“カキバター”。
 中継ぎを“ホルモン焼き”にして、
 押さえは、やっぱり“肉玉そば”でしょう~♪
 これで、今日は完全試合だ~♪』       (^0^)/


試合開始早々、完璧な投手リレーを完成させていました。  (^0^)



住所】 広島県広島市南区大須賀町9-2
電話】 082-264-6127
営業】 11:30~24:30 
予算】 @4,000~5,000円/人程度 

※ 2013年11月14日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年06月08日 (月)03時40分

【 20 】 広島(福山市) つぼ井

中国20①

中国20②

中国20③

中国20④

広島(福山市) つぼ井 ★★☆☆☆

http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340301/34001878/


午後12時過ぎにJR福山駅に到着。

客先との打ち合わせ場所は駅からほど近いところで、
午後1時からでしたので、多少の時間がありました。

昼食を食べずに、そのままお伺いしても良かったのですが、
逆に時間を持て余しそうでしたので、駅ビルで頂くことに。


「トンカツや天婦羅の揚げ物だと、
 時間が掛かるだろうな。
 手早く食べられるなら、何でもいいや。」 (-0-)


・・・ということで、『つぼ井』という和食屋に入り、

“本日の昼定食”を注文しました。

この日は、鯛の塩焼きと刺身、それと鯛の汁物がメインの
定食でした。

若い人なら量的には物足りなさを感じるかも知れませんが、
ボクからすれば、まぁ、こんなところ・・・かと。 

それにしても、4人掛けのテーブルに一人で座らせてくれる
のですから、のどかなランチタイムです。

この昼時、東京なら店の外にも列が出来、“相席”が
当たり前でしょうけど・・・

お昼ご飯くらい、ゆっくり食べたいものですが、
やはり、東京が異常なんだと思う次第で。。。 (^_^);



※ この『つぼ井』という店、残念ながら、駅ビルのリニューアルに伴い
  現在はありません。


住所】 広島県福山市三之丸町30-1 福山サントーク 1F
電話】 084-921-6287
営業】 10:00~21:00 
予算】 ~@1,000円/人程度<ランチ> 

※ 2013年11月14日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年06月07日 (日)00時05分

【 19 】 広島(三原市) みっちゃん・広島空港店

中国19①

中国19②

中国19③

中国19④

広島(三原市) みっちゃん・広島空港店 ★★☆☆☆

http://r.tabelog.com/hiroshima/A3403/A340303/34000240/


昨日は、思いもよらぬ“安芸の宮島”を楽しむことが出来ました。

夕方から客先との打ち合わせも無事に終了し、そのまま広島市内に
一泊して、二日目の予定をこなして広島空港へ。

16時30分発の羽田行きまで空港内をブラ付くことに。

3Fにある“お好み広場”を覗いてみると、広島名物のお好み焼き屋に
尾道ラーメン店が出店しています。


『そういえば、今回は“名物”を食べていないよな。。。』 (-0-)


昼食後まだ間もないといこともあり、牡蠣の鉄板焼きを肴に広島の地酒
“賀茂鶴”を頂いてみることに。

広島の牡蠣は小振りながら、確かに美味しいです。

シンプルに焼いて、レモンをギュッと絞って醤油かポン酢で頂くのが最高
かも知れません。

熱々の牡蠣を辛口の“賀茂鶴”で流し込めば、正に『至福』を味わえます。


『美味しい~!!』 (^0^)/□


日本人に生まれて良かったとを痛感する次第であります。


『連れ合いには、この味は分からないんだろうな~。。。』 (^_^);


  
【 広島空港・レストラン&ショップ 】 
http://www.hij.airport.jp/rest_shop/genres.html

【 広島の酒・賀茂鶴酒造 】 
http://www.kamotsuru.jp/

住所】 広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港 3F
電話】 0848-86-8040
営業】 10:00~20:30
予算】 ~@1,000円/人程度   

※ 2012年6月19日(火)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年04月03日 (金)07時18分

【 18 】 広島(廿日市市) 珈琲館・安芸の宮島店

中国18①

中国18②

中国18③

広島(廿日市市) 珈琲館・安芸の宮島店 ★★☆☆☆

http://r.tabelog.com/hiroshima/A3402/A340202/34009539/


連絡船ターミナルの目の前にある『珈琲館・安芸の宮島店』に立ち寄り、
ちょっと一息。

何とか雨は免れたものの、梅雨時の“蒸し暑さ”は尋常ではありません。

ハンカチで汗を拭き拭き、足早に大鳥居と厳島神社を見学し、土産物屋
を通り抜けて戻って来ましたので、喉もカラカラです。

アイスコーヒーと水をガブ飲みし、ようやく生気を取り戻しました。


『いや~~!! 
 ここのアイスコーヒーは美味いな~!!』 (^0^)/□


思わず感激しましたが、喉が渇いた時は冷たい物なら何でもOKなわけで。。。

確かに、炭火焼の美味しいコーヒーでしたけど。 (^_^);



住所】 広島県廿日市市宮島町1165-2
電話】 0829-44-1666
営業】 09:00~18:00
予算】 ~@1,000円/人程度  

※ 2012年6月18日(月)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年04月02日 (木)03時41分

【 17 】 広島(廿日市) 安芸の宮島

中国17①

中国17②

中国17③

中国17④

中国17⑤

中国17⑦

広島(廿日市) 安芸の宮島

http://nihonsankei.sakura.ne.jp/miyajima.html


宮島口からフェリーに乗って、およそ10分。

いよいよ“安芸の宮島”に到着しました。

連絡船ターミナルを出ると、さっそく鹿がお出迎え。

見れば、あちこちで自由気ままに過ごしているようです。


干潮だったら、大鳥居まで歩いて行けますよ。

広島の知人の言葉を思い出し、大鳥居まで歩いてみることに。

夕方間近のこの時間、どうやら歩いて行けそうです。

梅雨時で、今にも雨が降りそうな雰囲気でしたが、何とか辿り着くことが
出来ました。


宮島(広島県)は、松島(宮城県)、天橋立(京都府)と並ぶ“日本三景”のひとつ。

一度は訪れてみたいと思っていましたが、思いがけず来ることが出来ました。

時間に余裕があれば“宮島ロープウェイ”に乗って、瀬戸内海の風景を見渡す
ことも出来ましたが、残念ながらこの日は広島に戻らねばならず次回のお楽しみ
・・・ということになりました。 (^_^);

  

【 日本三景 】 
http://nihonsankei.jp/

※ 2012年6月18日(月) 撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2015年04月01日 (水)03時45分

【 16 】 広島(廿日市) 宮島松大汽船

中国16①

中国16②

中国16③

中国16④

中国16⑤

広島(廿日市) 宮島松大汽船

http://miyajima-matsudai.co.jp/


終点の“宮島口”駅のひとつ手前には、“宮島競艇場前”駅がありました。

何でも、開催日のみ停車する臨時駅ということですが、 広島駅から本場
まで直結ですので、競艇ファンにとっては極めて便利です。

そういえば、広電の車内にはスポーツ新聞と“にらめっこ”するオヤジが
何人も乗っていました。


『安芸の宮島を勧められたのに、
 “宮島競艇を見て来ました!!”
 ・・・なんて言えないよな~。』  f(^_^);

競艇場を目の前に、ちょっと残念な気持ちもしましたが次回の楽しみに。


目的の“宮島口”駅に到着すると、タイミング良くフェリーが出発します。

聞くところによると、広電の発着時間に合わせてフェリーの時刻表が
組まれているそうです。

どうやら、広島駅から観光名所の宮島へ渡るには<広電+宮島松大汽船>
の組み合わせと、<JR+JR西日本宮島フェリー>の組み合わせが
あるようです。

フェリー乗り場から宮島まで、およそ10分。

大鳥居と厳島神社が見えて来ました。

『お~~っ!! あれが“安芸の宮島”か~!!』 (^0^)/

感動に包まれた一瞬でした。



【 ボートレース宮島 】 
http://www.boatrace-miyajima.com/

※ 2012年6月18日(月) 撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年03月31日 (火)03時44分

【 15 】 広島(広島市) 広電・路面電車

中国15①

中国15②

中国15③

広島島(広島市) 広電・路面電車

http://www.hiroden.co.jp/train/rosenzu/


この日は広島市内への出張でした。

広島に住む知人の案内で午後1時と午後3時にそれぞれの客先と
面会し、夜は知人と会食の予定でした。

午後1時の面会は予定通りだったのですが、午後3時の客先が急に
予定時間をズラして欲しいとのこと。

会議が長引き、午後6時近くになってしまいそうだ・・・ということでした。


すみませんね~。。。
 午前中の会議が午後に変更になって
 オマケに長引いているみたいで。。。


「いや~、仕方ないですよ。
 せっかく広島まで来たんですから、お待ちますよ。」 (^o^)

それにしても、あと4時間近くありますからね。。。
 それまでの間、どうしてます?


「ちょっと長いですよね・・・1~2時間なら、ともかく。」 (^_^);

そうだ!!  宮島へ観光してみたらどうです?
 このまま広電の“宮島口行き”に乗って、
 フェリーで渡れば行けますから。


「宮島!?  ・・・厳島神社のですか?」 (@0@)?

ええ、“安芸の宮島”です!! 
 今、NHKの大河ドラマで『平清盛』やってるでしょ?
 安芸の宮島を一通り見物した後、
 “八丁堀駅”まで戻ってくれればOKです。
 東京と同じ“八丁堀”っていう駅に夕方6時。
 そこで待ち合わせすれば、
 そのまま客先に行けますから。


「あれっ!? ご一緒してくれないんですか?」 (@0@);

4時間あれば、私は会社に戻って
 ひと仕事出来ますから。


「アハハ。。。それもそうですね。」 (^_^);


・・・ということで、夕方までの時間を利用して思いがけず“安芸の宮島”
観光をすることになりました。

路面電車は王子界隈で子供の頃に乗った記憶があるだけなので、
およそ40年振りに乗車することになります。

今まで全国あちこち出張していますが、決まって各地の営業マンが
車で案内してくれるので一人で観光することに“新鮮さ”がありました。

『やっぱり、自分の足で電車やバスを乗り継いで
 移動しないと地理感を掴めないよな。。。』 (^0^)

そんな感じで広電の路面電車に揺られ、終点の“宮島口”を目指しました。


   
【 大河ドラマ「平清盛」 】 
https://www.nhk.or.jp/taiga/special/hero06/index.html

※2012年6月18日(月) 撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2015年03月30日 (月)00時10分

【 14 】 島根(簸川郡) レストラン神名火 

中国地方14①

中国地方14②

島根(簸川郡) レストラン神名火  ★★☆☆☆

http://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32000072/dtlrvwlst/109989/


出雲大社から宿泊先のホテルに戻ると、既に役員は帰り支度を整えて
ロビーで待っていてくれました。


飛行機に乗るまで時間に余裕があるから
 もっとゆっくりして来れば良かったのに。
 ちゃんと見学できた?


「お蔭様で、貴重な経験をさせて頂きました。
 なかなか来るチャンスはありませんから。」 f(^0^)

ボクも逸美くんのお蔭で、
 ゆっくり二日酔いを治すことが出来たよ。
 滅多に二日酔いするほど飲まないんだけど。


「国宝に指定されているだけあって、
 出雲大社は荘厳な建物でした。
 専務は出雲大社を見学されたことがあるんですか?」 (^0^)?

10年ほど前に家内を連れて来たよ。
 一度は観てみたいと思っていたから。。。
 そうだ!! 
 ちょっと昼飯には早いけど、空港に到着したら
 レストランで“出雲そば”を食べて帰らない?
 昨日、逸美くんが食べていた“割子そば”、
 無性に食べたくなっちゃった。
 せっかく出雲に来て、食べずに帰る手は無いよね。


「アハハ。。。お供致します!!」 (^0^)/


こうして役員との島根出張が終りました。



住所】 島根県簸川郡斐川町沖洲2633-1 出雲空港ターミナルビル3F
電話】 不明
営業】 06:50 ~ 18:30
予算】 @1,000~2,000円/人程度

※ 2011年10月13日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年11月01日 (土)07時24分

【 13 】 島根(出雲市)  元祖 因幡の白うさぎ(寿製菓)

131

132

バス停に向かう途中、土産物屋を発見。

観光地らしく、いろいろな土産物が売られています。


「せっかくだから、土産物でも買って行くか。
 やっぱり、“出雲大社に行って来ました~!!”
 ・・・みたいな土産が喜ばれるかな?」 (-0-)


お菓子のエリアを覗いてみるとその名もズバリ、“因幡の白うさぎ”という
菓子が中央に堂々と置かれていました。

「因幡の白うさぎか~・・・これだな!!
 子供の頃に読んだ、神話の代表作だよな。
 ワニを騙して傷を負ったウサギが
 大国主命に助けられる話だったよな。。。
 よし!! これにしよう~!!
 これなら、ママも喜ぶに違いない!!」 (^0^)/

・・・ということで、寿製菓の“元祖 因幡の白うさぎ”を手土産に購入。

帰りがてら、ふと土産物屋の入り口に目をやると、“神在月は出雲へ”の
ポスターが貼られていました。


「睦月、如月、弥生・・・神無月、霜月、師走
 出雲大社に各地の神様が出向いてしまうから
 神無月(かんなづき・かみなしづき)。
 逆に出雲地方は各地の神様が集まって来るから
 神在月(かみありづき)か。。。
 そう言えば、今月は10月だよな・・・あれっ!? 
 何の為に集まって来ちゃうんだっけ!?」 (@0@)?



【 因幡の白うさぎ 】
http://www.lifence-inc.co.jp/daikoku/sinwa1.html

【 元祖 因幡の白うさぎ(寿製菓) 】 
http://www.okashinet.co.jp/usagihonpo/

【 神在月 】 
http://www.izumo-kankou.gr.jp/1275

※ 2011年10月13日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2014年10月31日 (金)10時46分

【 12 】 島根(出雲市)  縁コーヒーショップ

121

122

123

124

126

島根(出雲市) 縁コーヒーショップ ★★☆☆☆

http://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32001243/


一通り、出雲大社見物を終え、敷地内にある『縁コーヒーショップ』
という喫茶店で一息つくことに。

朝方とあって他に客もおらず、静かにゆっくり過ごすことが出来ました。


「“縁結びの神様”から一文字頂いて、“縁”か。。。
 単純明快な店名だけど、シンプルで良いかも。
 それにしても、出雲大社は日本人として是非一度は
 訪れてみたいところだよな。
 この荘厳とした雰囲気は、なかなか味わえないよな。
 あのシンボルとも言うべき神楽殿の“大注連縄”って、
 どうやって作るのかな?
 人の力というか、人の技術ってスゴイよな~。。。
 こういう機会を与えてもらった専務には感謝しないと。
 時計の針も10時30分だし、そろそろ二日酔いも
 醒めてる頃かな?
 遅くならない内に帰ってやらないと心配するよね。」 (-0-)


そんな事を思いながら、アイスコーヒーをすすり、帰りのバス停まで
移動することにしました。



【 大注連縄 - 出雲大社 】
http://www.izumooyashiro.or.jp/kshime.html

【 出雲大社 | JAPAN WEB MAGAZINE 】
http://japan-web-magazine.com/japanese/japan-shimane-izumo-taisya1-japanese.html

住所】 島根県出雲市大社町杵築東宮内262
電話】 0853-53-3893
営業】 不明
予算】 ~@1,000円/人程度

※ 2011年10月13日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年10月30日 (木)14時27分

【 11 】 島根(出雲市) 出雲大社

111

113

114

115

117

島根(出雲市) 出雲大社 ★★★★☆

http://www.izumooyashiro.or.jp/


出雲市駅前から、一畑バスの『出雲大社』行きバスが発着していました。

平日の朝方でしたので、通学する高校生に混じって終点の『出雲大社』
まで行ってみることに。

所要時間が片道30分程度でしたので、往復1時間と見物を2時間と
見積もれば、昼までには十分にホテルへ戻れる行程でした。

“縁結びの神様”として世に知られる大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)
をまつる出雲大社。

参道を通ると、いきなり幸魂・奇魂(さきみたま・くしみたま)を拝祭する
大国主神の像と因幡の白兎を救った大国主神の像に出迎えられ、
正に神話の世界に足を踏み入れた感じでした。

そして、国宝に指定されている本殿は圧巻の一言。

平成20年から5年間掛けて、60年に一度の大規模修繕“平成の大遷宮”
が行われていました。

本殿近くを見物しているとと、何やら団体客が宮司のガイドを受けています。

ボクも詳しい説明を聞いてみようと、団体客に混じって一緒に歩いていると


失礼ですが、氏子の方ですか?

「いえ、只の見物客ですが。。。」  (-0-)

大変申し訳ないのですが、ここから先は
 氏子の方々だけが入れるエリアでして。。。


「あっ!? どうもすみません。」 f(^_^);


どうやら、出雲大社の氏子さん向けの説明会だったようで、見掛けない
ボクの顔を見て、慌てて注意しに来た感じでした。



【 出雲観光ガイド 】 
http://www.izumo-kankou.gr.jp/

【 出雲大社「平成の大遷宮」 】
http://www.kankou-shimane.com/sengu/

住所】 島根県出雲市大社町杵築東195
電話】 0853-53-3100
営業】 08:30~17:00
拝観料】(大人)300円(学生)200円(小学生)100円

※ 2011年10月13日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2014年10月29日 (水)11時35分

【 10 】 島根(出雲市) 出雲グリーンホテルモーリス

101

102

103

島根(出雲市) 出雲グリーンホテルモーリス ★★☆☆☆

http://www.hotel-morris.co.jp/izumo/


役員と朝7時にロビーで待ち合わせして、一緒に朝食を頂く予定に
なっていたのですが、7時を回っても現れません。

いつも時間通りに行動される人なので、体調でも崩したのかと思い、
電話を入れてみると、

悪い、悪い・・・まだ部屋で寝てるんだ。
 どうも二日酔いだね。。。
 昨日は逸美くんと盛り上がっちゃって、珍しく飲み過ぎたようだ。
 申し訳ないけど、朝食は一人で食べてよ。



「はい、分かりました。
 二日酔いに効く薬でも手配しましょうか?」 (-0-)?

このまま3~4時間、寝てれば回復するよ。
 どうせ飛行機は午後の便だから、ゆっくりチェックアウトしようよ。
 そうだ!!
 朝食を食べ終わったら、出雲大社でも見学してくればいいよ。
 せっかく島根に来たんだから、ホテルでブラブラしてるのも勿体無い。


「えっ!? 宜しいんですか?」 (@0@)?

あ~、ボクのことは構わないよ。
 行っておいで、行っておいで。


「分かりました。
 それでは、お言葉に甘えて行かせて頂きます!!
 何かありましたら携帯まで御連絡下さい。」 (^0^)

・・・ということで、バイキングスタイルの朝食を頂き、出雲大社を目指して
出雲市駅へ行ってみることに。



住所】 島根県出雲市駅南町2-3-4
電話】 0853-24-7700
営業】 15:00~(チェックイン)
予算】 @6,000~10,000円/泊程度

※ 2011年10月13日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2014年10月28日 (火)10時55分

【 9 】 島根(出雲市) 幸

91

92

93

94

95

島根(出雲市)  ★★★☆☆

http://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32001778/


客先の訪問を終了し、島根の営業マンと別れ役員と夕食を頂くことに。

宿泊する『出雲グリーンホテルモーリス』にチェックインして、今宵の店を
探し始めました。


今日は移動もあって疲れたから、駅周辺で済まそうよ。
 繁華街まで行くの億劫になっちゃった。


「そうですね。。。お疲れ様でした。」 (^_^)

ほら!! 
 駅前に『日本海庄や』っていう良さそうな店があるよ!!
 今夜は、あそこで一杯飲ろうよ!!


「全国展開してるチェーンですけど・・・そこで宜しいんですか?」 (^_^)?

えっ!? 全国で店舗展開してる居酒屋なの!?
 それじゃ、せっかく出雲市に来たのにつまらないよね~。。。


「それなら、あそこの店にしませんか?
 小奇麗な小料理屋がありますよ。」 (^0^)

お~っ!! 目の前に良さそうな店があるじゃない!!

・・・ということで、ホテル近くの『幸』という小料理屋に飛び込んでみることに。

刺身の盛り合わせと、“のどぐろ”の塩焼きをメインにいろいろな料理を注文し、
役員もご満悦。

二人で話も弾み、ついつい飲み過ぎてしまいました。

この夜は役員にご馳走になりましたが、会計の際、


逸美くん、この店、安いね~!!
 これだけ飲んで食べて、二人で1万円だって!!
 東京なら、2倍の料金を取られるよね!!
 また、是非、一緒に出張で来ようよ!!


・・・まぁ、役員が喜んでくれれば、それでOKです。 (^_^)



【 日本海庄や 】
http://www.daisyo.co.jp/brand/nihonkai_syoya/ 

住所】 島根県出雲市駅南町2-2-1
電話】 0853-22-0011 
営業】 不明
予算】 @5,000~6,000円/人程度

※ 2011年10月12日(水)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2014年10月27日 (月)13時04分

【 8 】 島根(出雲市) 出雲そば 黒崎

中国地方8①

中国地方8②

中国地方8③

中国地方8④

島根(出雲市) 出雲そば 黒崎 ★★★☆☆

http://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32000234/


この日は、役員と一緒に島根の客先を訪問に伺いました。

なるべく営業所に負担を掛けないようにと、出雲空港からリムジンバスに乗り、
出雲市駅まで到着。

昼時を迎えましたので、駅構内にある『出雲そば 黒崎』でランチを頂くことに。


ボクは“天ざる”にするけど、
 逸美くんも好きな物を注文しなさいよ。


「あっ!? はい・・・何にしようかな?」 (^_^)?


『“天ざる”なんて、何処でも食べられるじゃん!!』 (>0<)


・・・と思いつつも、本人が食べたいと言っている以上、それを否定することは
出来ません。


「それじゃ、しじみ汁付きの割子蕎麦にします。」 (^0^)/


兎に角、食べるものには無頓着のようで、店選びにしても、注文する料理
にしても仕事で見せる、“なるほど!!”と思わせる感じがしない役員です。


シジミは、こっちの名物だよね。

「ええ・・・せっかくなので味わってみようと。
 なかなか島根には来る機会がないので。」 (^_^)

割子蕎麦って、“わんこそば”のこと?

「いえ・・・“わんこそば”は、岩手ですよ、盛岡とか花巻の。。。
 割子蕎麦は出雲蕎麦の食べ方のようですよ。」 (^_^);

あ~、そうだよね!! 
 後ろから着物を着たオネエサンが、
 どんどん蕎麦を入れて来るのと勘違いした。
 まさか、駅の構内でそんな蕎麦はないよね。


「アハハ。。。そうですね。」 f(^0^);




【 フラッシュバック 】
http://ymtk31312000.blog105.fc2.com/blog-entry-1366.html

【 割子そば 】
http://kenjosoba-haneya.com/menu

【 割子そばの食べ方 】
http://www.unnan-kankou.jp/common/images/sobanotabekata.pdf

【 しじみ汁 】
http://gurutabi.gnavi.co.jp/gourmet/item/1092/

住所】 島根県出雲市今市町927 出雲市駅駅構内
電話】 0853-21-5488 
営業】 9:30~19:00
予算】 ~@1,000円/人程度

※ 2011年10月12日(水)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年10月26日 (日)00時20分

【 7 】 岡山(倉敷市) ル・モンド下庄店

中国地方7①

中国地方7②

中国地方7③

中国地方7④

岡山(倉敷市) ル・モンド下庄店 ★★☆☆☆

http://tabelog.com/okayama/A3302/A330201/33005223/


客先から帰る途中、少し遅めの昼食を頂くことに。

まだ次の客先とのアポに余裕があり、時間調整も兼ねてロードサイドで
見つけた喫茶店へ。

休日も影響してか、昼過ぎにも拘らず満席状態。

ちょっとボリュームに違和感を感じましたが、今日は夕方に羽田へ戻る
だけなので“フェア開催中”のオムライス(ロースカツ付き)を注文。

雨が降ったり止んだりという空模様で、ぼんやり窓の外を眺めていましたが、

耳に入って来た周りのテーブルのお客さんたちの話題は全てパチンコの内容。

よほどパチンコが盛んな町なのか、はたまた近くに優良店があるのか分かり
ませんが、パチンコ談義に花を咲かせた状況に、何となく平和なひと時を
感じました。。。
 (^0^);


住所】 岡山県倉敷市下庄626-1
電話】 086-462-5132 
営業】 8:00~23:00
予算】 @1,000~1,500円/人程度<ランチ>

※ 2010年9月23日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年05月31日 (土)07時51分

【 6 】 広島(福山市) 居酒屋 おくんち

中国地方6①

中国地方6②

中国地方6③

中国地方6④

中国地方6⑤

広島(福山市) 居酒屋 おくんち ★★☆☆☆ 

http://www.okunchi.jp/


この日は翌日に備えて前泊することになりました。

羽田から岡山空港に到着し、JR岡山駅から新幹線で福山へ。

広島~岡山は雷雨で土砂降りのようでしたが、寸でのところで
大雨に見回れずに済みました。

天気の崩れも予想されましたので、今日の夕食は宿泊先の
ホテル近くで頂くことに。

飛び込んだのは『おくんち』という居酒屋。

店名からすると、九州地方に関連する店でしょうか?

鱧の湯引きとカツオの叩き、それに地鶏のガーリック・ステーキ
を肴に広島の地酒“天宝一”を頂きましたが、爽やかな味わいが
とても印象的でした。

ふと気付くと、刺身のツマや添えられた野菜は残さず食べていました。

若い頃なら必ず残してしまった食材ですが、それを自然に食べています。

勿体無いから・・・という理由ではなく、身体が自然に欲している感じで、
これも歳のせいなのでしょうか?
 (^0^);


【 天宝一 】
http://www.sakesake.com/item/kurabetu1/51/1-51.html 

住所】 広島県福山市城見町1丁目1-3
電話】 084-921-6000 
営業】 17:00~24:00
予算】 @5,000~6,000円/人程度

※ 2010年9月22日(水)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年05月30日 (金)05時10分

【 5 】 広島(三原市) てっ平・広島空港店

中国地方5①

中国地方5②

中国地方5③

中国地方5④

広島(三原市) てっ平・広島空港店 ★★★☆☆

http://www.hij.airport.jp/rest_shop/3-05.html


出張帰りに空港内の飲食店で地酒を頂くのを楽しみにしています

・・・勿論、直帰出来る場合ですけど。 (^_^)

この日は「てっ平」という居酒屋。

酒の肴は、広島ならやっぱりカキだろうと思い、“カキの酒蒸し”を
注文しましたが、これが見事に大ヒット!!

ひと口頬張るなり旨味が口いっぱいに広がり、思わず

『美味いもんだな~!!』  (^0^)/□

最近、何を食べてもあまり感動しなくなっているので、
感動に出会えた時の喜びは嬉しい限りであります。
 (^0^)/


住所】  広島県三原市本郷町善入寺64-31 広島空港3F
電話】 0848-86-8688
営業】 9:30~20:30
予算】 @2,000~3,000円/人程度 

※ 2010年7月31日(土)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年05月29日 (木)03時53分

【 4 】 広島(広島市) MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島

中国地方4①

中国地方4②

中国地方4③

中国地方4④

広島(広島市) MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島 ★★☆☆☆

http://www.carp.co.jp/facilities/new-stadium.html


ゴルフを終えた後、お客さんと広島VS巨人戦を観戦。

向かった先は、『MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島』。

JR広島駅から歩いて行ける範囲にありますので、立地的に恵まれた
環境にある野球場です。

流石に地元だけあって、広島ファンに圧倒された雰囲気で、試合の方も
前半で5-1と広島がリード。

このまま広島にペースを握られ、ジャイアンツファンは寂しく帰路につく
ものと思われましたが、中盤を迎えた6回表に期待の前田健太が
打ち込まれ、巨人が一気に7点獲得。

試合はそのまま5-8と巨人の大逆転勝利。

ジャイアンチファンにとっては、最高の一戦となりました。

夕涼みがてら、ビールを片手に野球観戦も良いものです!!
 (^0^)/


住所】 広島県広島市南区南蟹屋2丁目3−1
電話】 082-554-1010
営業】 試合時間中
予算】 @1,000~2,000円/人程度 

※ 2010年7月30日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年05月28日 (水)03時46分

【 3 】 広島(広島市) 戸山カンツリークラブ

広島1

広島2

広島3

広島4

広島5

広島(広島市) 戸山カンツリークラブ ★★☆☆☆

http://www.toyama-cc.co.jp/


ゴルフ歴は長いものの、あまり得意でないため自分から音頭を取って
お客さんを誘うことはないのですが、誘われればお付き合いしなければ
ならないのが営業でして。。。 f(^_^);


この日は、

出張に絡めてゴルフをやろう!!

・・・ということになりまして広島まで遠征して参りました。

曇り勝ちな天候にも恵まれ、スコアはまずまず。

大叩きすることなく、ボールも失くさず、お客さんに迷惑を掛けることもなく
気持ち良く楽しめることが出来ました。

朝9時30分スタートでゆっくり始められましたので、レストランで朝食を
頂きながら、しばし談笑の時間もあり、気持ち的にも余裕がありました。

お昼は軽めに“潮焼きそば”を注文しましたが、注目すべきは“赤てん”と
呼ばれる真っ赤な揚げ物。

聞くところによると島根県浜田市の郷土料理で、魚のすり身に赤唐辛子を
練りこんで揚げたもの。

徳島の“フィッシュカツ”同様、島根のソールフード的な食べ物のようです。
 (^0^)/□


住所】 広島県広島市安佐南区沼田町大字阿戸字城山1568-1
電話】 082-839-3266
営業】 7:00~
予算】 @2,000~3,000円/人程度 

※ 2010年7月30日(金)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(0)トラックバック (0) | 2014年05月27日 (火)00時32分

【 2 】 広島(広島市) お好みハウス ソニア

中国地方2①

中国地方2②

中国地方2③

中国地方2④

中国地方2⑤

広島(広島市) お好みハウス ソニア ★★★☆☆

http://www.okonomimura.jp/tenpo/sonia.html


一度は行ってみたかった広島の“お好み村”。

この日は二次会で広島の同業者に案内してもらい、ようやく念願が叶いました。

京王線『明大前』駅から大学へ向かう途中に広島風お好み焼きの店が有り、
大学時代に友人と何度か訪れた想い出が有ります。

30年近く経って、今も店を構えているかどうか分かりませんが、当時からすれば
珍しい食べ物でした。


いざ、“お好み村”に入ってみると、ビル全体がお好み焼き屋の集合体ですが、
繁盛店は満席、そうでない店は客足ゼロ・・・

ハッキリ分かれている印象でした。

広島では飲んだ後にはラーメンというより、お好み焼きを食べる習慣があるようで
目の前で手際よく焼いてくれるお好み焼きは予想通り、絶品の味わいでした!!
 (^0^)/


住所】 広島県広島市中区新天地5-13 新天地プラザビル 4F お好み村内
電話】 082-541-1777 
営業】(月~木・土・日)11:00~1:00 (金)11:00~2:00
予算】 @2,000円程度 

※ 2010年7月29日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村


カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年05月26日 (月)00時18分

【 1 】 広島(広島市) 瀬戸内味覚処 芸州胡店

中国地方1①

中国地方1②

中国地方1③

中国地方1④

中国地方1⑨

広島(広島市) 瀬戸内味覚処 芸州胡店 ★★★☆☆

http://www.geishu.jp/


この日は広島の同業者に会食の場を設けてもらいました。

それぞれのホテルから現地集合するわけですが、一応、地図は貰ったものの
初めて行く店なので多少の不安が。。。

すると、幹事役の同業者が、

広島駅から来るんなら、タクシーの運転手に
 “ラッキービルの芸州”って言えば分かりますから。


『えっ!? 本当に大丈夫?』 (@0@)?

一瞬、戸惑いを覚えましたが、言われた通りに
タクシーへ乗り込むと、すんなり到着することが出来ました。

広島の繁華街でかなり有名店のようです。
 (^0^)


住所】 広島県広島市中区堀川町3-13 ラッキービル3F
電話】 082-243-6165
営業】 (昼)11:00~14:30 (夜)17:00~23:00
予算】 @8,000~10,000円/人程度 

※ 2010年7月29日(木)撮影

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村



カテゴリー:食(中国) | タグ:
コメント(2)トラックバック (0) | 2014年05月25日 (日)05時06分
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。